Abe Fellowship Colloquium - "Collaborative Knowledge Creation-based Resilience"

, 6:00pm –
The Japan Foundation, Tokyo

SPEAKER: Mika Shimizu | 清水 美香
京都大学学際融合教育研究推進センターグローバル生存学大学院連携ユニット 特定准教授 | 安倍フェロー (2008年度)
Associate Professor, Global Survivability Studies Unit, Kyoto University | Abe Fellow (2008)

DISCUSSANT: Daisaku Yamamoto | 山本 大策
コールゲート大学地理・アジア地域学科 准教授
Associate Professor, Geography and Asian Studies, Colgate University | Abe Fellow (2014)

COMMENTATOR: Yukio Adachi | 足立 幸男
京都大学名誉教授 / 京都産業大学大学院法学研究科 客員教授
Professor Emeritus of Kyoto University / Professor of Public Policy at Kyoto Sangyo University

現代リスク社会において、リスクおよびそれを取り巻く環境が複雑であればあるほど、また不確実性が増せば増すほど、従来散在しがちな個々の情報、データ、 教訓、経験、専門知は、分析や評価のプロセスを経て体系化され、統合されることが今まで以上に求められる。さらにそれらが継続的に行われることによって運 用可能な情報が生み出され、多様な伝達メカニズムを通して市民一般を含む政策アクターに伝達され、アクション可能な政策を生み出すことが益々求められる。

今回のキーワードである「レジリエンス」はこうした経験・知識・システムの俯瞰をベースにして、知と知、人と人、システムとシステムを繋げながら協働知を 共に創り上げていくプロセスを通して引き出されると清水美香氏は言う。本コロキアムでは、同氏の近著『協働知創造のレジリエンス』(京都大学学術出版会、 2015)を下敷きにして、防災政策の隙間はどこにあるのか、どのように防災政策をより良いものにし、現代リスク社会に向き合うかについて、分野の垣根を 越えて建設的に対話する場を設け、現状を一歩前に進めるための一石を投じたい。

In today’s risk society, as risks and the surrounding environment become more complex and uncertain, there is a growing need to integrate and systematize hitherto scattered fragments of information, data, lessons, experience and expert knowledge through processes of analysis and evaluation. By implementing these processes continuously, it is urgently required to produce operational information to link to policy actors including citizens through different channels and actionable policies.

This colloquium will explore the gaps in disaster prevention policy, identify areas for improving disaster risk management, and examine how to best face today’s risk society. Drawing on the speaker’s recently-published book, Collaborative Knowledge Creation based Resilience, the discussion will look at resilience through processes that foster collaborative knowledge and connect people, systems and knowledge. By fostering a constructive and interdisciplinary dialogue on the relevant issues, this colloquium aims to step forward the current approach for disaster risk management policy.

メールでssrcABE@gol.comまで お申し込みください。

DATE & TIME: Thursday, September 1st 2016, from 6 pm to 8 pm
2016年9月1日(木)午後6時~8時

LOCATION: Sakura Hall 2nd Floor, Japan Foundation, 4-4-1 Yotsuya, Shinjuku, Tokyo
東京都新宿区四谷4-4-1 国際交流基金 2階「さくら」
http://www.jpf.go.jp/j/access/map.html

NOTES: The seminar will be conducted in Japanese. Admission is free.
使用言語は日本語です。参加無料。